女性用育毛剤でできる抜け毛対策

女性の社会進出に伴うストレスや生活環境の乱れにより、女性にも抜け毛や薄毛、頭皮の悩みが増加していますが、一般に、男性より女性の薄毛の症状は改善され易いとも言われていますが改善に時間がかかる症状も少なくありません。
そして、男性と女性の脱毛では原因が異なるため、育毛剤の成分にも大きな違いがあり、医療的に効果が認定されている成分では女性が使用することができない場合もあり、女性には、女性専用の育毛剤を塗布することが必要となります。
また、近年では、様々な女性用育毛剤が発売されていますが、使用する場合、自身の体調や頭皮の状況、アレルギーの有無などを把握し、事前にパッチテストを行ってから育毛剤を塗布することが、育毛剤を上手に使用するためのベストな対策といえます。

女性用育毛剤が必要な理由

髪の毛を無くさない男性の抜け毛や薄毛は、AGAと呼ぶ男性型脱毛症のような遺伝とホルモンの影響が多いのに対し、女性の抜け毛や薄毛の原因は、ストレスやカラーリング、お手入れの仕方や栄養不足などの後天的な理由が大きいことがわかっています。
そして、男性用育毛剤の多くは、男性ホルモンの分泌を抑える成分が配合されていますが、元々、男性ホルモンが少ない女性がこのような成分を含む育毛剤を使用しても、逆効果となることもあります。
また、AGA治療で医療的に効果が認められている成分であるフィナステリドなどは、妊娠中、授乳中の女性が使用すると胎児に影響があるため使用しないように呼びかけられていますが、医薬品としての効果が認められている育毛剤は、必ず、女性用のものを選択することが重要です。
なお、女性の育毛剤では、男性ホルモンに作用する成分より、保湿成分や血行促進成分配合の育毛剤を使用した方が効果が上がり易く、さらに、女性ならではのリラクゼーション効果がある香りの育毛剤を選ぶことで、リラックスしながら頭皮ケアの効果を高めることができます。

女性用育毛剤の効果がない場合

一般に、女性の薄毛は、男性に較べて改善され易いといわれていますが、生活習慣や食生活の乱れによる薄毛は比較的短時間で改善されることが多いのですが、男性ホルモンによる薄毛では、改善に時間がかかることが多いのです。
そして、健康な女性でも、男性の十分の一程度、卵巣や副腎で男性ホルモンは分泌されていますが、近年、女性の社会進出によるストレスや不規則な生活、自律神経の乱れなどによって、男性ホルモンの一種のテストステロンが過剰になることが多くみられます。
また、男性ホルモンは、頭髪は薄くなるのに産毛や体毛が濃くなるという現象を引き起こしたり、生理不順や大人ニキビと言われる症状が現れることがあり、さらに、顎や首にできるニキビも男性ホルモンの影響と考えられています。
さらに、女性に起こる男性型脱毛症は、30代以降、更年期症状と併せて出ることが多く、後頭部から薄くなり、全体にボリュームが減ることが特徴ですが、このような症状は、女性用育毛剤の使用ではすぐに効果が現れることは難しく、その効果も個人差があるといえます。

女性用育毛剤の上手な利用方法

髪の毛は一生もの男性だけでなく、女性にも増加傾向となっている男性型脱毛症であるAGAは、20~30代の若い世代の女性より、中高年以降の女性に多いと言われていますが、このような症状は、従来の女性用の育毛剤ではなかなか対処しきれないことがありました。
しかし、近年では、女性用の育毛剤でも、オウゴンエキスやフラボステロンなどの安全性が高いうえ、男性ホルモンを抑制する効果が高い成分を配合している育毛剤も出てきています。
そのため、特に、閉経後、薄毛に悩んでいる女性には、このような育毛剤で薄毛を克服できる場合も少なくありません。
そして、今まで男性用と較べて少なかった女性用育毛剤には、さまざまなタイプのものが出てきていますが、その効能は、血行促進に特化していたり、頭皮環境やホルモンバランスを整える効果があるなど多様なので、自分にもっとも適した効能のある育毛剤を選ぶことが薄毛や抜け毛の改善につながることとなります。
また、頭皮環境が悪化している場合には、頭皮に良いとされる成分が多く含有している女性用の育毛剤の選択がおススメです。

女性用育毛剤を使用して薄毛改善

女性の抜け毛や薄毛などの髪の悩みは、ヘアサイクルの乱れによって引き起こされることが多いため、頭皮のスキンケア対策は非常に重要なこととなりますが、近年の女性用育毛剤では、毛母細胞に活力を与えて、ヘアサイクルを正しく整えたり、多くの頭皮に良いとされる有効成分を多く配合したり、また、毛穴の奥までしっかり浸透するように栄養成分をナノ化している女性用育毛剤もあります。
そして、男性と女性では、抜け毛や薄毛の原因が異なるため、育毛ケアも全く違い、女性のために開発された育毛剤は天然成分由来で無添加、無香料のものが多く、女性に多い敏感肌や、乾燥肌、アレルギー肌にも安心できる育毛と頭皮ケア対策に優れた育毛剤といえます。
また、女性用育毛剤は、女性ホルモンに働きかける成分が含まれているものでは、育毛剤を塗布する時間帯はホルモン分泌が盛んになる夜に付けると効果的なので、お風呂の後や就寝前に使用すると良いでしょう。
なお、育毛剤のなかには、日中使用することで、紫外線のダメージをバリアする機能が付いているものもあります。

女性用育毛剤の薄毛改善時の副作用

髪の毛の悩み女性用育毛剤は、効果が期待できる一方、副作用の心配もありますが、副作用の有無は、含まれる成分に大きく影響を受け、ミノキシジルなどの発毛効果が高い成分では、効果が高い分、血圧低下や心拍数の低下などの循環器系の異常がまれに出ることがあります。
また、神経系の症状として、頭痛、めまい、手足のむくみやしびれ、原因不明の体重増加などが出ることがありますが、これは、血管拡張作用があるミノキシジルを使用することで、特に低血圧の人の場合、血圧低下に伴う症状として出る場合があります。
さらに、皮膚の症状として、かぶれや発疹、かゆみやふけ、頭部の熱感などが出る場合がありますが、特に女性の場合には、男性より頭皮の皮膚が薄いので、皮膚の症状のリスクは男性より高いといえます。
なお、報告されている副作用は、必ず現れるというものではなく、可能性があるというレベルであるため、過度な心配は必要ないといえますが、個々の症状は、個人差が大きいため、少しでも不安な要素がある場合には、使用を中止して病院で相談するようにしましょう。

女性用育毛剤副作用の予防方法

女性用育毛剤副作用の予防方法として、まず、育毛剤は、なるべく効き目が穏やかで、天然成分で作られているものを選ぶようにします。
そして、血圧、心臓に持病があるなど、身体に不安要素を抱えている場合、血圧低下や心拍数増加などの副作用のリスクがあるミノキシジル配合の育毛剤の使用は控えるようにしましょう。
通常、女性用の育毛剤では、刺激が強い薬剤は使用されていないことが多いのですが、女性の場合、体調の変化や生理、ホルモンバランスなどで、刺激される場合があるので、自分自身でコントロールする必要があります。
また、天然素材の育毛剤でも、肌に合わない場合、トラブルとなることもあるため、育毛剤の効果を高め、副作用のリスクをできるだけ下げるためには、自身の体調や頭皮の状態をよく把握し、その時の状態にあったベストな育毛剤を使用することが重要です。
そして、強い成分が入ってなくても、アレルギー症状が出る場合もあるため、初めて使う場合には、必ず、二の腕などでパッチテストを実践することで副作用の予防ができます。